sakurattyon’s diary

骨折治療中の看護大生の“ひとりごと”

家庭科が嫌いなのに高校で家政科に行った理由1

こんにちは👋😃もしくはこんばんは😃🌃

タイトル長くてすみません。

私は中学は手芸部でしたが、家庭科が大嫌いでした。

部活の顧問が家庭科の教科担…これは確実に成績下げられるやつです。

勿論成績は2でした…。技術で点数とっても、家庭科が下げてくるので2です。

頭は普通だったので、理科だけ5で合計の内申は28。

私が住んでいる地域では28だと市の外れ又は市外のにある公立普通科高校、専門学科、私立高校(専門学科でも普通科でも)に行けるくらいの内申です。

〔ひとつだけ言っておきます。私が住む学区では、私立<公立であり、私立(中高一貫除く)=馬鹿みたいな風潮があります。〕

私は普通科の高校に行きたかったので、近くの普通科進学校2校と電車で行く距離の普通科高校の3校にオープンスクール(体験授業)に行きました。あと、滑り止めの私立(母親の母校である女子校)にも一応行きました。

電車で行った学校と滑り止めの私立以外は内申点が足りないのはわかってました。

それでも普通科の高校に行きたかったんです。

母親は私が電車に乗ってる間にてんかん発作が起きたら大変だからと言って近くの専門学科に行けと言いました。

しかし、これだと専門学科が私立しか市街地の高校はありません。

私は普通科高校に行きたいんです。

専門学科なら将来看護師になろうと思っていたので、衛生看護科がある隣の市の高校が良かった。

でも電車に乗らないと行けない学校。

母親からの脚下の言葉。

これ以上もう行きたい学校なんてありません。

いちばん家から近い商業高校にしようとしました。

看護専門学校への進学人数→1年に1人。

あ、駄目だ。

結果、自転車10分の普通科専門学科がある今通ってる学校。

家庭科の専門学科

嫌いだった家庭科の学校です。

やりたい部活はありました。今所属してる部活ですけど。

年に5人くらい看護の専門学校へ進学。国立大に2年に1人くらいで進学してるらしいという情報です。

正直嫌でした。

だって家庭科嫌いだし。

でも私は双子なので、私立に行くお金もなくて、そこに行くしかありませんでした。

幸いなことに、私は内申点がない割にペーパーテストの点がとれる人で、推薦入試は落ちましたが、一般入試は余裕で合格しました。

この高校は、評価点は

内申点×2)+(ペーパーテストの点×1.5)

でした。

ここの専門学科の基準値↓

内申点31、ペーパーテスト50点(100点満点)=137

私↓

内申点28、ペーパーテスト69点=159.5

不合格<基準値(ボーダー)<合格

保健室受験でしたけど、点はとれてました。

 

合格したのは良かったんですよ。

でもですね、考えてください。

【家政科に入る人→基本的に家庭科が好きな人(当たり前)】

私→家庭科嫌いな人

昔から趣味としての小物製作は好きでした。

でも、やらされてる授業は大嫌いでした。

 

長くなってしまったので、続きは次回にまわしますね。